骨粗鬆症は健康の敵~予防に役立つ栄養学~

医者

がん細胞の除去

医者

健康を維持する

免疫力は誰の体にも備わっているものです。ですから体外から侵入してきたウィルスや病原体に対して、免疫細胞が攻撃して破壊してくれるので、健康を維持することができるようになっているのです。でも免疫力があっても、病気になることがあるのです。特にひどい病気になりますと、がんになる人も多いのです。基本的には体の中の免疫細胞が、体に異常がないかを調べていますが、がん細胞の存在に気がつかない時にがんになってしまうのです。しかも増殖したがん細胞を除去できるほど免疫細胞は、力を持っていないのです。そのためにがんが進行してしまうのです。でも最近の研究で、免疫治療をすることで、がん細胞を除去してくれることがわかっているのです。

がんと免疫細胞

これからがんの治療も変わってくると考えられています。今までのがん治療は、医療業界とがんが患者さんの体の中で戦っていた状態だったのです。ですから患者さんにとっては、かなりの負担がかかっていたのです。でも最近は免疫治療を取り入れるところが多くなっていますので、患者さんの負担が少なくなっています。免疫治療は、がんと患者さんの免疫細胞の戦いに変わったのです。ですから、お医者さんは患者さんをサポートする役目となっているのです。患者さんの負担とは他にも副作用の問題があったのですが、免疫治療は基本的に薬剤は投与しないので、副作用はかなり少ないものとなっているのです。ただし免疫治療も、抗がん剤等と上手に併用することで、より一層効果が期待できるのです。