骨粗鬆症は健康の敵~予防に役立つ栄養学~

看護師

がん細胞の除去

医者

これからのがんの治療は、患者さんに負担をかけない治療に変わってくるでしょう。それは体の中の免疫力を高めて、がん細胞を除去する免疫治療になるでしょう。基本的に薬剤は使わ無いので、副作用の心配がないのが特徴的です。

Read More...

口コミサイトを参照しよう

病院

横浜市都筑区で治療のため、あるいは掛かりつけになってもらう内科を探しているのであれば、インターネット上の口コミサイトを参照するといいでしょう。口コミサイトの評価を確認する場合には、その投稿件数が多いサイトを参考にすることで、より正しい評価を知るのに役立ちます。

Read More...

肛門手術入院

女性

以前、肛門部分の外側に出来ました外痔核の手術を受けたことがあります。患者さんの口コミ評判が良かった肛門専門病院で手術を受け、お陰様で口コミの評判通りの手術と治療を受けることが出来ました。良い口コミを参考にして病院を選ぶのは、良い方法でした。

Read More...

骨を丈夫に保つには

悩み

栄養が大切です

骨の成分は主にタンパク質とカルシウムです。ですからこれらを十分にとることで骨を丈夫に保ち骨粗鬆症による骨折を予防することができます。カルシウムは腸から吸収されますが、食品によって吸収率に差が見られます。牛乳や乳製品はとても吸収されやすいカルシウムを含んでいます。またカルシウムの吸収を助けてくれるものがビタミンDです。高齢になると食事量が減り、部屋に閉じこもりがちな生活になるためビタミンDの摂取量が減る傾向にあります。このビタミンは顔からひじ先の腕を1日15分直射日光に当てるだけで1日に必要なビタミンDが合成されます。ですから買い物や洗濯干し程度で十分なので日光にあたる習慣をつけるようにします。納豆に含まれるビタミンKは骨を丈夫にするために複合的に働きます。大腿骨骨折の発生数は西高東低となり、これは納豆消費量と同じような傾向がみられるという調査があります。食品以外で喫煙は胃腸の働きを抑制し、カルシウムの吸収を悪くするといわれています。またエストロゲンの代謝を阻害するので喫煙習慣のある人は年齢にかかわらず骨量の低下がみられています。したがって骨粗鬆症を予防するには禁煙が重要となります。

運動も必要です

骨は力がかかると強くなり、力がかからなくなると弱くなるという法則があります。言い換えれば強い衝撃を与えたほうが骨は強くなり骨折を予防できるということになります。とはいっても骨粗鬆症の予防でいきなり強い負荷を骨にかけてしまうと筋肉や関節を痛めたり骨折しかねません。そのため徐々に強くしていくことが大切です。骨粗鬆症による骨折を予防する効果的な運動方法のひとつが「背筋運動」です。背筋の多くは脊椎に直接ついて腰を伸ばすといった動きにかかわり、脊柱をしっかり支えています。背筋運動を2年間続けた結果、10年後の腰椎の骨量減少や圧迫骨折を防げたという報告があります。もう1つはどこでもできる「片足立ち運動」です。この運動はバランス能力と筋力を強化する効果があります。最後にウィーキングです。歩く速さや距離は疲労が蓄積しない程度にとどめます。そして様子をみながら徐々にステップアップしていきます。慣れてきたら1日30分から60分を目安に行ないます。